整形外科石井クリニック

訪問リハビリテーション詳細

退院直後の訪問リハビリテーション

回復段階のリハビリテーションでは、ベッドやお布団のうえでの寝返り、起き上がり、立ち上がりなど、ご利用者様の状態に応じて、基本的な機能を取り戻すことが最初の目標となります。ご自宅で介護をされているご家族の方へ介助の方法をお伝えすることからはじまり、少しずつ、利用者様ご自身で起き上がれるよう、一緒に練習をしていきます。

介助方法の確認

今までご家族がどんな方法で介助されていたのかを確認し、そこから介助負担が軽くなり、ご利用様の機能回復に効果がある介助方法を考えていきます。

こんなお悩みに訪問リハビリテーションをご利用ください

ご利用者様

ご家族

回復期の訪問リハビリテーション

病態によって異なりますが,発症してから数ヶ月はまだ回復期と考えます.身体機能の改善、活動の拡大を期待できる大事な時期です。日常生活の基本となる動作を確実にできるようにすること、さらに自立した生活を営むための応用動作ができるよう、理学療法士、作業療法士がお手伝いします。

日常生活の介助

ひとりで座っていられるようにするにはどうしたらいいか、着替えやトイレはどのように介助していけばいいかなど、ご自宅の日常生活にあわせて、具体的な方法を考えていきます。

さらに自立へ向けて

「お箸がうまく使えない」「食事の支度や掃除が大変」「肩が痛くて洗濯物が干せない」…。 身の周りのことや、家事がある程度こなせていても、実は、日常の動作でご不自由されていることはありませんか? できるだけ不自由なく日常生活を過ごせるよう、専門スタッフがお手伝いいたします。

こんなお悩みに訪問リハビリテーションをご利用ください

ご利用者様

ご家族

維持期の訪問リハビリテーション/在宅評価・介護指導

発症から長期間が経過し、機能の回復が停滞した時期には、今までのリハビリを漫然と続けているのではなく、回復期とは異なった目標設定やアプローチが必要となります。「自宅で無理なく安心して生活していけること」を目標に、生活環境の整備や福祉サービスの利用なども含めたトータルのご提案をいたします。

今できていることを維持することの大切さ

回復期のような著しい回復がなくても、今できていること・していることを、このまま維持していくことは、とても大切です。訪問リハビリテーションでは、機能維持のお手伝いをいたします。

介護にあった住環境の整備(家屋評価)

お家の構造は、みな同じではありません。リハビリスタッフが、ご利用者様の身体の状態にあわせた改修についてご提案をいたします。ご利用者様にあった住環境の整備をすることによって、介護をされるご家族の負担も軽くなります。ぜひ、ご相談ください。

自助具のご提案

ご利用者様の症状、ご自宅での生活にあわせて、ポータブルトイレや杖など、福祉機器や福祉器具をご提案いたします。「レンタルを利用してみたいけれど、どれがいいかわからない」という場合など、お気軽に訪問リハビリスタッフにご相談ください。

ご利用者様の精神的なケア

体力が低下すると、生活に対する生きる意欲が減退してくる場合があります。一定の生活リズムを保ち、体力を維持することは、とても大切なことです。ご利用者様の状況に適した介護サービスのご提案、生活全般へのアドバイスなどをいたします。

介護されているご家族へのケア

介護をされているご家族の方が、健康を損なわれては大変です。「介助量が多く、つらくなってきた…」そう感じたら、迷わず、リハビリスタッフにご相談ください。ご家族の身体状況にあわせた介助方法をご提案いたします。

こんなお悩みに訪問リハビリテーションをご利用ください

ご利用者様

ご家族

訪問リハビリテーション問い合わせ先

石井クリニック リハビリテーション科・関谷(理学療法士)
※「訪問リハビリテーションについて」とお話しください。
電話番号:048-564-0021
医療法人 葦の会 石井クリニック 整形外科・リハビリテーション科